2008年07月31日

白鳥も水面下では一生懸命水をかいていると言うではないか

これは、ある作曲家の卵から聞いた話なんだが。
プロとしての実力をつけるための訓練として
何十曲、何百曲も曲を作るんだそうだ。
そうしで出来た曲、100曲の中から1曲を選ぶ。

これを繰り返して作曲家としてのトレーニングを行うのだ。

実に厳しい。
ブログパーツも似たようなものかもしれない。
みんなに使ってもらえるようなブログパーツを送り出すには
その裏にもたくさんの没パーツがあるべきなのだ。

何が言いたいかというと、
「打ち上げ花火ブログパーツ」は没りました。
ごめんなさい。(by 担当者)
posted by できるじゃん管理人 at 00:45| Comment(2) | 王様の耳

2008年07月29日

明治学院大学のブランド向上

首都圏のある鉄道駅には明治学院大学の広告がどーんと大きく掲示してある。
明治学院大学がブランド戦略に力を入れて、
大学のロゴまで新しくしてしまったというのは有名な話。
それはそれでマアいいかと思うのだけど、少し納得いかないところがある。

キャンパスの名前だ。

港区白金台にあるのが白金キャンパス。
横浜市戸塚区にあるのが横浜キャンパス。

何とも小賢しい。
こういうせこいネーミングは一見かっこいいようでいて
実はブランドを毀損するのではないか。

何が気に入らないかというと地名のレベルが合っていない。
白金キャンパスを名乗るなら、もう一方は戸塚キャンパスだろう。
横浜キャンパスを名乗るなら、もう一方は港区キャンパスだろう。
というか、以前は戸塚キャンパスじゃなかったっけ?
よく調べてないけど。

人間、ついついエエカッコしいになってしまうけど、
ちょっと振り返ってみようと思った。
posted by できるじゃん管理人 at 01:43| Comment(0) | 王様の耳

2008年07月23日

地震報道、津波報道について思うこと

津波の高さは20センチ、ってあるじゃないですか。
あの表現は良くない。

20センチという言い方だと恐ろしさが伝わらない。
津波の怖いところは波長が数百キロもあるところだ。

すごく大雑把に考えて、
高さ20センチ、長さ100キロ(10万メートル)の四角い
水のカタマリがドーンとやってくるところを考えてみよう。

その量、幅1メートルにつき2万トン!
幅100メートルの海岸線なら200万トンだ!

こんな感じで、津波予報も
「幅1メートルあたり○○トン」という表現に変えたほうがいいと思うのです。

2万トンの海水が突っ込んでくると思ったら逃げたくなるでしょ。
posted by できるじゃん管理人 at 02:33| Comment(0) | 王様の耳

2008年07月22日

毎日新聞絶賛炎上中に思うこと

6月下旬からもう3週間以上、絶賛炎上中の毎日新聞ですが
7/20に紙面に調査結果とお詫び??を掲載しましたね。
しかし火に油を注ぐ結果になっているようです。

これまで、数々の企業が不祥事の対応を誤って
(中には良い対応で評価を上げたところもありましたが)
炎上してきたというのに、参考にしなかったのでしょうか?

有名なところでは雪印の不祥事のときに
社長が会見で「私は寝てないんだ」と言っちゃったとかありましたね。

あれ?でも毎日新聞は
これだけ大騒ぎになったのにトップが会見してませんね。

うーん、これではリスクマネジメントがなってないと
言われても致し方ないでしょう。

ここでやらないといけない事は、(毎日新聞に限ったことじゃありませんが)
・トップが矢面に立つ
・事実関係を公表する
・素直に非を認める
だと思うんですよ。

で、まあガス器具の設計ミスとかなら、
松下やリンナイの対応でいいと思うんですが

【日本人を貶めるウソ記事をさも本当の事のように世界中にバラまいた】

場合、どう対応するのがいいんでしょうね。
これは難しいですよ・・・。
どうなったら終了だと思いますか?

例えばリンナイが
「もう事業撤退します。いま出回っている欠陥製品のことはもう知りません。」
って言ったって誰も納得しないでしょ?
posted by できるじゃん管理人 at 01:25| Comment(0) | 王様の耳